▶︎CLIP STUDIO PAINT ▶︎イラスト メイキング講座

クリスタで線画と色塗りに使えるおすすめブラシ素材紹介【素材無料】

2021年5月19日

クリスタで線画と色塗りに使えるおすすめブラシ素材紹介【素材無料】

キャラクターのイラストをうまく描きたい、背景をオシャレに仕上げてみたいな、

背景の青空を綺麗に描いてみたいって思いますよね。

イラストを綺麗に仕上げたい方に、今回はおすすめの記事です。

 

キャラクターイラストや背景を描くのに、個人的に気に入って普段から
使っているクリスタのおすすめブラシ素材を今回は3つご紹介します!

CLIP STUDIO PAINTを何年も使用していて、その中でも使い勝手がよいものをえらびました。

 

ぜひ読んで、みなさんも素材をダウンロードして一緒に使ってみてください。

ちなみにご紹介するブラシは無料素材とお財布に優しいのでご安心ください!

 

■CLIP STUDIO PAINTの購入はこちらから

1番売れてるグラフィックスソフト【CLIP STUDIO PAINT】

 

おすすめクリスタブラシ紹介:主線も水彩も厚塗りも一本でやる怠けものブラシ

うまく線が引けない、キャラの塗りが思ったようにいかず失敗した…。

といった悩みを解消できるブラシがあります。

 

線画から色塗りまで幅広く塗るのに使えるブラシはコレです。

「主線も水彩も厚塗りも一本でやる怠けものブラシ」

 

「デジタルイラスト初心者の方で、線画も色塗りもどれを使えばいいのか分からない」

ってときに、ブラシの名の通り主線も水彩も厚塗りもこれ一本でできて良いです。

 

マサカは線画とイラストの影を塗るのに使っていますね

 

実際にこの「主線も水彩も厚塗りも一本でやる怠けものブラシ」を使って描いた線画デッサンを公開しますね。

<CLIP STUDIO PAINT EX使用 主線も水彩も厚塗りも一本でやる怠けものブラシ7.0px設定>

人物、丸坊主を描きました!

クリスタブラシ:ブラシを使ったキャラクターの線画

クリップスタジオブラシ線画

線画を描いている感じは、描く方のペンの筆圧やタブレットなどの機種に
よっても個人差があると思いますが柔らかいタッチの質感です。

 

線の強弱をかんたんに付けられるので、繊細な線から力強く太い線まで
ホントにこれ一本で引ける
のが、実際に使ってみて良かったですね。

 

クリスタブラシ:ブラシを使ったキャラクターの塗り

クリップスタジオブラシ下塗り

線画の次は、キャラクターの肌を下塗りしてみました!

 

ブラシのサイズは大きめにしました。他のブラシの設定は画像を参考にしてください。

(マサカはこの設定をいつ変えたか、これがデフォルト設定なのか忘れてしまいました!)

 

設定の絵の具量や濃度などの設定をいじれば、水彩っぽい塗りが際立ってグンと表現方法が広がりますよ。

 

クリスタブラシ:ブラシを使ったキャラクターの影塗り・ハイライト

クリップスタジオブラシ影塗り

次に、キャラクターの影塗りと眼のハイライトの塗りも試してみます。

肌の影も同じブラシで塗っています。

 

影塗りのときには、ブラシに強弱をつけるように筆圧を調整しながら描きます。

 

アナログな水彩、厚塗りが表現できるので、ブラシの設定を自分なりに
変えてみてお気に入りの質感を見つけると絵に個性がグンとでますね!

 

キャラクターの眼はレイヤーのモードを調整しています。

キャラクターの眼の描き方・塗り方は色々な種類があるので研究すると楽しいです。

 

ココがおすすめ

ベタっと塗りたいときは力を入れて、薄く柔らかい雰囲気にするなら優しくタッチするように

塗れば画像のように一本のブラシでも表現できるので「ブラシの種類多くて迷う!」ときにおすすめできます。

 

おすすめクリスタブラシ紹介:Dustブラシ

完成したイラストをオシャレに仕上げたいならブラシはコレです。

「Dustブラシ」

 

Dustブラシは塵のようなものがバラバラに吹き付けられるブラシです。

エアブラシを使って、ブラシサイズを大きめに設定をして、画面の全体にブラシの効果を吹きかけるイメージです。

カラーイラストから漫画までいろいろな表現で使えるので良いですよ

 

ためしに、4つのDustブラシそれぞれの効果をお見せします!

夜空をイメージした暗い背景の上に、Dustブラシを[白]に設定した塗り方をご紹介。

 

クリスタブラシ:Dustブラシの効果の比較

■Dustブラシ【通常】

通常のDustブラシは塵が大きめです。

ダイナミックに表現するのにおすすめですね。

クリップスタジオブラシdust

 

■Dustブラシ【密度薄目】

Dustブラシ【密度薄目】は塵が小さめです。

通常のDustブラシよりも静けさを表現するのにおすすめですね。

クリップスタジオブラシdust密度薄目

 

■Dustlightブラシ【通常】

Dustlightブラシは塵が大きめです。通常のDustブラシに光の効果が入っています。

効果に光が入ったことで、通常よりもダイナミックに表現するのにおすすめですね。

クリップスタジオブラシdustlight

 

■Dustlightブラシ【密度薄目】

Dustブラシ【密度薄目】は塵が小さめです。通常のDustブラシに光の効果が入っています。

星空のようにロマンチックな表現をするのにおすすめですね。

クリップスタジオブラシdustlight密度薄目

 

Dustブラシは、白や明るい黄色などのカラーをえらんで使う方法だと、ブラシの効果でイラストが映えますね。

 

ココがおすすめ

漫画で使うときは、背景が白またはトーンがある場所にスミ(K100%)の色を乗せると良いです!反対に背景が黒の場所に、Dustブラシを白にして効果を入れるのもおすすめです。

 

演出がドラマチックになり絵に勢いが出るので個人的に好きです!

 

おすすめクリスタブラシ紹介:雲を描くブラシセット

背景の青空や夕日、夜空を描きたいなら使うブラシはコレです。

「雲を描くブラシセット」

 

このブラシを使えば、わた雲、小さな雲、うろこ雲、入道雲、遠くにある雲など背景の季節や場面に合わせた塗りができるようになります!

 

20分ブラシを使って描くだけで本格的な空の雰囲気が出せますよ

 

実際に雲ブラシのセットを使って背景をかんたんに描いてみましょう。

 

クリスタブラシ:雲ブラシセットを使ったイラスト実例

■上のDustブラシの背景に雲を足します。

ブラシセットの中から、水彩わた雲のブラシを使ってみました。

夜空の演出をするので、ブラシの色は夜空の色よりすこし薄目の色を選択して塗ってみましょう。

クリップスタジオブラシ夜空

 

■背景を青空にして雲を足してみます。

ブラシセットの中から、水彩わた雲(ふわふわ)や水彩入道雲などを使い分けて塗りました。

濃い青空に真っ白の雲ブラシを大きいサイズで描くだけであっという間に出来上がります!

クリップスタジオブラシ青空

 

雲ブラシセットはすこしの時間でリアルな青空が描けるのでおすすめですね。

 

個人的にリアルの世界で空が綺麗だと、絵にしたらカッコいいし映えるかもなぁとなるべく頭に映像を焼き付けてインプットするようにしています

 

とても便利なブラシなのですが、注意点がすこしあります。

普段の自分が描く他の背景やキャラクターの塗りに差が出ていないか、ですね。

リアルに背景が描ける分、他とのバランスが合わないと浮いて見えてしまいます。
メリハリが大事ですね!

 

ここまで3種のブラシセット紹介いかがでしたでしょうか?

ブラシは使い勝手がよく便利なものが多く、素材の価格が無料なのがまたよいです!

製作者の方には頭が上がりません。ありがとうございます。

 

こちらの記事が塗り方の参考や新しい絵の表現、モチベーションにつながればうれしいです!

 

今回使用した3つのブラシのリンクは下記にまとめました。

 

クリスタの3つのモデルDEBUT/PRO/EXはどれがおすすめ?
クリスタの3つのモデルDEBUT/PRO/EXはどれがおすすめ?

続きを見る

他にもイラストを描くアプリの紹介をしていますのでそちらもぜひ!

初心者からプロまでおすすめのアプリCLIP STUDIO

iPadのおすすめイラスト制作アプリProcreate

 

■CLIP STUDIO PAINTの購入はこちらから

1番売れてるグラフィックスソフト【CLIP STUDIO PAINT】

パルミーリンク

-▶︎CLIP STUDIO PAINT, ▶︎イラスト, メイキング講座

Copyright © マサカブログ , All Rights Reserved.